お盆の日程

お盆の1 ヶ月以上前までに

お盆は土地柄や宗旨、風習により多少の違いはありますが、大切な方が自宅にお帰りになるとても大切な行事です。
お迎えにあたり大切な方を自宅までお導きする盆提灯、故人を偲ぶための料理、ご供養のためのお花をお飾りし、ありし日を偲びましょう。ご家族にぴったりの初盆を一緒にご準備させていただきます。

お盆の1 ヶ月以上前までに

お寺の手配

お盆期間はお寺も大変忙しい時期です。
僧侶のご都合を聞き、予約を入れます。

12日前までに

灯籠、盆提灯の購入、精霊棚の組み立て、お供物の準備など

初盆の飾り付け、お盆のお返しなどを済ませます。
早めにお盆のお参りにこられるお客様もいらっしゃいますので、新しいろうそくやお線香など、必要なものはこの日までに購入しておきましょう。

13日までに

お迎えの日(迎え火)

祖先の御霊の迎え方

[午前中]
精霊棚の飾り付け、お供物・盆花のお供え、お墓参り
仏壇から位牌を出し、精霊棚の中央に置きます。
精霊棚の飾り付けや、お供物や盆花をお供えします。
お墓にご先祖様を迎えに行きます。
「迎えは早く、送りは遅く」と言って午前中のお参りが一般的です。
[夕方]
迎え火を焚く。提灯に火を灯す。

お盆提灯に灯を灯し、家の玄関先か門口で「迎え火」を焚き、ご先祖の御霊をお迎えします。
この火を目印にご先祖様が帰ってくると言われています。

13日~14日

法要

僧侶を招き、読経していただきます。
親族や故人と親しい人たちをお招きします。
御霊が帰ってきている間は、灯明を絶やさないようにし、お供え物は毎日交換しましょう。

お墓参り

15日

お送りの日(送り火)

祖先の御霊の送り方

[午前中]
最後のお供え物をします
家族で過ごす最後の朝なので、心を込めてお祈りをします。
[夕方]
送り火を焚く
初盆の提灯を焼いて「送り火」を焚き、ご先祖の御霊をお見送りします。
直方市では、15 日夕方に遠賀川河川敷にて「精霊流し」が行われています。

日程を把握しておくと、心にもゆとりができます。
早めにお参りに見えられる方もいらっしゃいますので、考慮しておきましょう。